木造耐震診断について。

私は一応、民間機関ですが、通称 ”木耐協”と言われる”日本木造住宅耐震補強事業者共同組合”の木造住宅耐震診断士という資格も持っております。
 
どういうことかと申しますと、新築以外、3階建て以外の在来軸組み工法(=古くからある一般的な日本の木造の建て方)の住宅に出向いて、もし地震が来たときに この住宅は本当に大丈夫なのか?を診断するという仕事です。
 
平成12年6月に建築基準法の大幅な見直し・改正があり、2階建ての在来木造住宅(以下2階建て木造住宅)でも、金物を付けることが義務付けになりました。
それ以前はどうなのか?というと、2階建て木造住宅に対しては、金物を付ける付けないということは、設計者または施工者に任されており、法的な縛りが全くありませんでした。だから、粗悪な建売住宅などは、金物を付けていないという建て方が一般的でもあったのです。まぁ、それは それまでの建築基準法上のブラックボックスのひとつでもあったわけです。(※ 3階建ての方は構造計算が義務付けな為、手抜き工事以外ではそれに見合った金物が付いてるのが普通です)
 
先の阪神大震災の折、この金物を付けていない2階建て木造住宅が、柱が土台から抜けてしまう”ほぞ抜け”とい現象が多く起きてしまい、住宅の1階部分の柱が抜けて倒壊するということが多く起きました(写真参照)。当時、TVや新聞などマスコミでこういう映像が多く映されたので、記憶に新しい方も多くおられるんではないでしょうか?
まぁ、そういう阪神大震災の教訓も生かされての平成12年の法改正だと思うんですが、逆に言うと それ以前に建てられた2階建て木造住宅は、かなり危険な状態に 今もあると言うことができるでしょう。
 
これは、姉歯事件くらい大問題だと言うことができると思いますが、多くの国民は気付いていないと思われます。
そんなことを国が大きく取り上げてしまうと姉歯事件以上に大変なことになるからでしょう。また各行政庁も耐震診断や補強工事に補助金を出すというくらいで、そう大きく宣伝もしていないと思います。
 
国土交通省のHPにも耐震診断のソフトなどが無料でダウンロードできるようになっており、誰でも簡易には耐震診断を行うことはできるでしょうが、やはりこういうことはプロの目で見なければ詳しくは分からないことに思えます。
 
一番いいのは信頼でき相談できる専門家(設計士・建築業者)が身近にいればいいんでしょうが、全ての人がそう身近にいるとも思えませんので、姉歯事件などで不安に思う方は一度専門家に相談されることをお勧めいたします。
また私も 多少なりとも経験がございますので、お気軽に御相談下さい。
広告
カテゴリー: 建築 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中